二人目不妊 あきらめ

二人目不妊 あきらめる人が多くなっています

二人目不妊 あきらめる人が多くなっています

二人目不妊 あきらめる人が多くなっています

 

二人目不妊と言うことは、ある程度の年齢になっている事もありますが
不妊期間が長いと、出産時期の限界が来てしまったりしてリスクが高まるのであきらめる人が多いです

 

もちろん出産時期の限界なんていう物は、閉経するまではありえないのですが
実際問題として35歳以上で高齢出産と言われ

 

不妊治療費の補助も国は42歳で打ち切ると言っています
国として42歳が妊娠出来る限界と考えているようです
二人目不妊 原因で書きましたが
年齢ごとの自然妊娠の確立

25歳〜34歳の自然妊娠の確率は25〜30%
35歳〜39歳の自然妊娠の確率は18%
40歳〜44歳の自然妊娠の確率は5%
40代後半での自然妊娠の確率は1%

 

自然妊娠できる確立は、加齢とともに減っていきます
様々な原因がありますが、卵子の老化や精子の質の低下などが大きな原因となります

 

また、加齢と共に流産の確立もあがってしまうし
ダウン症や先天性奇形のリスクも高まってしまうので二人目不妊であきらめるご夫婦が増えています
一人目の子供が居るんだから、こんなに辛くストレスのたまる毎日を送るよりも日々を楽しく過ごそうと考えるようです

 

年齢ごとの流産の確立

25歳〜29歳の流産の確率は11.0%
30歳〜34歳の流産の確率は10.0%
35歳〜39歳の流産の確率は20.7%
40歳〜の流産の確率は41.3%

 

35歳を境に一気に流産の可能性が高まります