二人目不妊 20代

二人目不妊 20代の場合

二人目不妊 20代の場合

二人目不妊 20代でも悩んでいる方が多く居ます

 

二人目不妊というと、20代後半から30代で出産をして
二人目の計画が高齢に差し掛かって、卵子の質が落ちていると言うのが多いですが

 

20代で年子が欲しいと考えて二人目妊活をはじめたけど
なかなか出来ないという悩み

 

ひとつは、母乳で育てている場合には授乳中の期間は
生理が再開したとしても、排卵抑制の作用がある時期ですので
無排卵の可能性もあります

 

しっかりと、基礎体温をつけて高温期低音期がきちんとあるのか?
また、可能であれば市販の排卵検査チェッカーなどを利用して
排卵が行われているか確認してみると良いでしょう

 

妊娠を計画して、2年以上経過すると
一般的に不妊症の疑いが出てきますので産婦人科や
不妊専門クリニックなどに一度、相談に行ってみるのをオススメします。

 

35歳を過ぎると自然妊娠の確立は20%以下になってしまい
40代になると一桁台になってしまいます。

 

あわてて、あせるのもストレスになって良くないと言いますが
子作りに関しては、医療が発達しているとは言え
やはり、年齢を重ねると共にリスクが大きくなっていきますので
二人目を望んでいるなら早ければ早いほど良いですよね