二人目不妊 原因

二人目不妊 原因

二人目不妊 原因

二人目不妊 原因の多くは、年齢によるものが大きいです、
1人目は特に苦労なく妊娠したのに二人目を計画してからなかなか妊娠しないと言う夫婦が多いです、
35歳を超えると妊娠確立がぐっと減ります。

 

自然妊娠の確立

25歳〜34歳の自然妊娠の確率は25〜30%
35歳〜39歳の自然妊娠の確率は18%
40歳〜44歳の自然妊娠の確率は5%
40代後半での自然妊娠の確率は1%

 

 

35歳を過ぎると20%以下になってしまいます
もちろん、35歳から急にと言う事はないので
25歳と34歳でも自然妊娠の確立は下がっているでしょう

 

晩婚化が進んでいる、現在は初出産の年齢も高くなっているので
二人目と考えたときには、自然妊娠の確立が低くなっている
いわゆる高齢出産の年代に入っている方も多いでしょう

 

二人目不妊の原因としては、
じつは、男性不妊という可能性も高くなっています

 

一人目の時よりも年齢が上がっているので
仕事で責任あるポジションになったり、付き合いが多くなったりと
生活習慣の悪化やストレスなどの状況で
健康な精子が育っていない可能性が非常に高いです

 

妊娠するためには、健康な卵子と健康な精子が大事
卵巣までしっかりと届く、運動率の良い精子を育てるためにも
亜鉛やマカなどをしっかり摂取するのがおすすめです